ようこそ「一人広告代理店」馬場コラボレーションへ

広告は得意先のもの

ある企画者はいいます。「広告は得意先のものでなく、お茶の間のものだ」と。そしてきっとこう付け加えることでしょう。「この企画がわからないのは、お茶の間の人々がなにを考えているかあなたは知らないからだ。お茶の間の人々のことをよく知っている私にまかせればいいのだ」と。
彼らがお茶の間と言うとき、それは不特定多数の一般大衆であり、決して商品を届けたいターゲットではありません。多くの人に届く企画となれば、緊張を強いないユーモアやタレントを使った緩いコミュニケーションしかないでしょう。
これだけ細分化された商品が乱立する時代に、30年前のように1メッセージですべての人々に届く商品なんて存在しません。お茶の間のある人たちだけに広告は届けばいいのです。
30年前の論法で広告企画は自分にしかできない専門職だと勘違いし、高遠なる自己実現か、タレントに会いたいだけの彼らに、広告企画を委ねるのは危険です。
広告は企画制作者のものでも、お茶の間の消費者のものでもありません。
あたりまえのことですが、広告は得意先のものなのです。
広告は経済行為でしかありません。得意先がターゲットとする人々にメッセージが確実に届き、その商品が確実に売れればいいのです。
馬場コラボレーションはそのためのソリューションを提案します。
広告はソリューション 広告は得意先のもの キャンペーンディレクターは一人でいい
  効率化コラボレーション   フィービジネスでコストダウン      
 
▲ ページトップへ