ようこそ「一人広告代理店」馬場コラボレーションへ

小説

「朱の記憶 亀倉雄策伝」 日経BP社刊
亀倉伝梗概

世間を騒がせた東京オリンピックのエンブレム選定。盗用の可能性を指摘された佐野研二郎デザインのエンブレムを使用するか否かで揺れるなか、そこかしこから聞こえてきたのが「前のやつでいいじゃないか」「あれを超えるものは絶対に出てこない」との声だった。1964年の東京オリンピック・エンブレムを復活させようというわけだ。

時代を超えて生き残る朱の記憶。

そう、それをデザインしたのが、昭和のデザイン界において「天皇」とも呼ばれた亀倉雄策。奇しくも佐野研二郎は、2014年の「亀倉雄策賞」の受賞者だった。

亀倉が手掛けたのは東京オリンピックばかりではない。戦前には写真家の土門拳などと、プロパガンダを目的に発行された戦前の伝説的グラフ誌『Nippon』に携わり、戦後にはニッポン放送やフジテレビのロゴマーク、東京オリンピックや大阪万博、札幌オリンピックなどのポスター、リクルートやNTTの社章などをつくった。昭和史を飾るイベントの影には、必ず亀倉の姿があったといってもいいだろう。その活動は、グラフィック・デザイナーの域にとどまらない。

亀倉の持論は「国家運営や企業経営とデザインは一体であるべき」というもの。

国家や企業には、根底にフィロソフィやポリシーがあり、それに立脚した戦略がある。それを体現しようとする行為こそが国家運営であり、企業経営である。社章やロゴマークをはじめとする諸々のデザインについても、それは全く変わらない。つまり、それらは一体でなければならないのだ。

そう説く人ならば、ほかにもいたかもしれない。だが彼は説き、そして実践した。ロゴマークだけでなく、国家や企業そのものをもデザインしようとしたのだ。たとえばリクルートでは、その社章をデザインするだけでなく、リクルートの出版物から本社や支社のビル外観デザインにも携わり、さらには社外取締役として経営にも参画、役員人事にまで影響力を及ぼした。創業者の江副とも深く交わり、それがためにリクルート事件には未公開株の贈与を受けた当事者として巻き込まれもした。

本書では、昭和史をデザインしたともいえる亀倉雄策の生涯を振り返り、それぞれの局面で、亀倉が何を考え、どう行動してきたかを明らかにする。それを通じ、亀倉が理想とした「デザインと国家」「デザインとオリンピック」「デザインと企業経営」のあり方について、再度問い直す。きっとそれは、低迷する日本の、明日を生き残るための方策となるはずだ。

<< 小説トップへ 著者御挨拶 >>
  
▲ ページトップへ