ようこそ「一人広告代理店」馬場コラボレーションへ

作品シート2

野村不動産  プラウド駒込

プラウドのフラッグシップ物件として、駒込に約500邸の高額集合住宅物件のデビューにあたり、総合プロデューサー、クリエイティブディレクターとして参加。
野村不動産マンション事業40周年記念作品のポジショニングのもと、東京北西部における高額所得者の「市井の繭」としてのやすらぎの空間を共用部に創造。
日本画家奥村靱正、歌舞伎役者、市川團十郎・海老蔵の起用により高額物件としてのブランド化を図ることで、優良顧客の掘り起こし、獲得に成功し、短期完売を果たす。
▲ ページトップへ